広島市 肛門科 外科 胃腸科 痔 内視鏡 便秘

広島県広島市中区十日市町1-6-19

オンライン問診
レディースタイム
Contents

大腸肛門病の悩み掲示板
携帯サイト

HOME»  大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査

急増している大腸がん

以前は、日本人には「胃がん」が多く、大腸がんはむしろ欧米に多い病気でした。
ところが最近では、食生活の欧米化に伴って「大腸がん」が急激に増えています。
実際、現在では、女性のがん死亡原因の第1位になっていますし、男性も何れはそうなるものと恐れられています。
食生活の欧米化とは、「高脂肪」、「高蛋白」、「低繊維」の食事のことで、そのため大腸がんだけでなく、「潰瘍性大腸炎」や「クローン病」や「大腸憩室症」などの病気も増えています。
 

痔と間違えやすい大腸がん

肛門からの出血は誰しもよくあることで、「痔からの出血」と思われやすく、恥ずかしさから受診を控えていると、癌はどんどん進行してしまいます。
痔からの出血は、肛門の出口から直ぐに出たものですから、「真っ赤で綺麗な」血液です。
大腸がんからの出血」は、大腸の奥からですので、出血してから時間が経っており、「赤黒く」て「便と混じった汚い感じ」の血液に変わります。
自己判断は禁物です。肛門からの出血があったら、直ぐに診てもらいましょう。
 

大腸がんは治りやすい

癌は消化管の表面の粘膜から起こるものですから、大腸がんを「極めて早期に見つければ」「大腸内視鏡を使って切除」することで、「治癒」させることが出来るのです。
例え進んだ癌であっても、大腸がんは他の消化器癌に比べて大人しくて、成長が遅く、リンパ節転移も少ないので、治る可能性が高いのです。
お腹を大きく開けずに済む「腹腔鏡手術」の技術も進んできており、場合によっては可能ですから、出来るだけ早く発見するに越したことはないのです。
 

早期発見のために

癌は、初めのうちは自覚症状がありません。しかし、癌は必ず消化管の表面の粘膜面から発生します。そのため、少しでも癌が出来はじめると、僅かでも必ず出血を伴うようになります。その僅かな血液が便に混じって出てきたものを、「便潜血反応検査」で見つけることが出来るのです。
40才を過ぎたら、「1年に1回」はこの検査を受けましょう。
この検査が「陽性」になった方は、必ず「大腸内視鏡検査」を受けましょう。
直接腸の中を観察しますので、小さな変化でも見つけることが出来、小さなものであれば、直ぐに取り除くことも出来るのです。
 

 

 

大腸がんリスクチェック

当てはまるものが多いほどリスクが高くなります。
□40才以上である。
□家族血縁に大腸がんになった人がいる。
□以前に大腸がんやポリープで治療を受けたことがある。
□他の部位の癌で治療を受けたことがある。
□潰瘍性大腸炎やクローン病の治療を受けている。
□太っている。
□運動不足である。
□疲れがひどいことがある。
□日々ストレスが多い。
□肉や脂っこいものが好き。
□野菜や果物をあまり食べない。
□お酒は毎日、かなり飲む。
□タバコを吸う。
□間食が多い。
□肉や魚の焦げた所が好きだ。
 

大腸内視鏡検査の「実際」

予約
検査を希望される方は、予め受診して、検査の予約を取って頂きます。
その際、検査にまつわる諸注意事項を説明致します。
血液をサラサラさせるお薬を内服中の方は、血が止まりにくく、出血を伴う検査は出来ませんので、内服を一時中断することが可能かどうかを主治医に確認して頂いております。

前処置
大腸には便が溜まっていますから、検査を受ける時には、大腸の中を空っぽにして綺麗にして置くための処置が必要です。
便が残っていると、検査に時間が掛かり、正確な診断が出来ないばかりでなく、途中で中断してやり直さなければならないこともあります。

検査食
前日に、検査用に調整された残渣の少ない食事のみを摂ってもらいます。
間で、乳製品以外の滓のない飲み物はいくらでも飲まれて構いません。

下剤
前夜に腸の動きをよくする薬を飲んで頂きます。

当日
来院されてから、さらに吸収されにくい腸洗浄液を多量に飲んで頂きます。
しばらくして、便通が始まり、次第に薄い便に変わって行き、水様便になるのを待ちます。
原則として、約4時間待ってもらいます。

前投薬
5分前に腸の動きを押さえる注射をします。
この注射が禁忌の方には、30分前に腸蠕動抑制剤を内服して頂きます。

大腸内視鏡検査
後方に穴の開いた使い捨てのパンツを履いて頂き、左側臥位で検査を始め、肛門から軟らかい細い管を入れて行きます。
途中で体位変換を繰り返しながら、大腸の奥の盲腸まで観察致します。
腸の屈曲の強い部分は入りにくく、強く押しますので、痛みを少々我慢して頂くことがあります。
細かな観察は、内視鏡を抜きながら行います。
もしも、小さなポリープがあって、直径が5mm以上であれば、切除することをお勧めします。
大きすぎるものでは、切除は出来ません。
他の高次病院をご紹介します。

結果の説明
しばらくして、途中の写真を見ながら、検査の結果をご説明致します。
病理検査を行った方は、10日目以降に結果の説明を聞きにいらして下さい。