広島市 肛門科 外科 胃腸科 痔 内視鏡 便秘

広島県広島市中区十日市町1-6-19

オンライン問診
レディースタイム
Contents

大腸肛門病の悩み掲示板
携帯サイト

HOME»  ALTA注射療法

ALTA注射療法

ALTA(ジオン注®)注射療法

イボ痔が排便時に脱出して元に戻らず、指で押し込まなくてはならなくなったものを根治するには、以前は手術で切り取る方法しかありませんでした。
中国の史教授が開発した「消痔霊」をイボ痔に直接注射して治す治療法が、日本でも「ALTA(ジオン注®)」として2005年から使われ始め、その有用性が認められて、広くこの注射療法が行われるようになりました。
痔核を切らなくても、注射で硬化、萎縮させ、元の位置に固着させることで、脱出の症状がなくなるのです。

痔核にまんべんなくALTAを注入します。

 

しかし、この注射療法は万能のものではなく、同じ痔核でも「内痔核」だけで外痔核には使えません。
長期の治療効果もまだ確認されておらず、ALTA単独療法では再発率も比較的に高いようです。
そこで、外痔核を伴う場合は外痔核を切り取り、内痔核の方へ注射したり、ひどい痔核は切り取り、軽い部分に注射するなど、両者を組み合わせること(併用療法)で、大抵の痔核に対応することが出来るよう工夫しております。

特徴は、ALTA注射だけですと、切り取りませんから侵襲が軽く、出血も少なく、術後の痛みも余りありません。
傷の治りも早くて済みますので、日帰り手術に多用されるようになりました。
当院では、確実に治すことを主眼とするため、2~3泊してもらって「併用療法」を行うことが多くなっています。

ただし、ALTAは薬の作用が強い分、使い方を誤ると、後で直腸に潰瘍が出来たり、直腸が狭くなったりする危険性もあります。
そのため、この注射剤を使うことが出来るのは、痔疾治療の十分な経験があり、「注射法講習会」を受講した先生しか使えないことになっています。

※ALTA実施施設の紹介
http://zinjection.net/general/index_public.html