広島市 肛門科 外科 胃腸科 痔 内視鏡 便秘

広島県広島市中区十日市町1-6-19

オンライン問診
レディースタイム
Contents

大腸肛門病の悩み掲示板
携帯サイト

HOME»  広島の肛門科で排便時の出血について相談するなら【大腸肛門病クリニック 石田外科】へ~便秘で出血がある場合は早めに受診を~

広島の肛門科で排便時の出血について相談するなら【大腸肛門病クリニック 石田外科】へ~便秘で出血がある場合は早めに受診を~

便秘で出血がある場合は要注意!

便秘で出血がある場合は要注意!

便秘時に排便時の出血をした時は、腸の病気も疑われることもあります。便秘時に、排便で出血する時は、主に切れ痔(肛門管の肛門上皮が裂けることによる出血)が原因と考えられます。

切れ痔では、便やトイレットペーパーに鮮血が付着したり、排便時や排便後に肛門に痛みを感じたり、硬い便が出るなどの症状があるものです。ですが、便秘時の出血であっても、大腸がんや腸の病気のシグナルである可能性も否定出来ません。

特に、排便がスムーズでも出血したとか、赤黒い色の混じった便が出たなどの場合は、病院で診察を受けて原因を確かめることが大切です。

広島の肛門科で排便時の出血を検査

広島肛門科で排便時の出血をきちんと診てもらいたいという方は、【大腸肛門病クリニック 石田外科】にご来院下さい。排便時の出血でまず考えられることは、日本人の生活習慣病ともいえる“痔”が原因のことが多いです。

痔と一言でいっても様々な種類がありますが、日本人に一番多いのは「いぼ痔」で、それに「痔瘻」と「裂肛(切れ痔)」を加えると8割に及びます。日本人の1/3が“痔主”と言われています。

ただし、排便時の出血は、大腸がんなど他の病気が原因の可能性もあります。広島の【大腸肛門病クリニック 石田外科】では、大腸肛門病の診察や大腸がん検診を行っておりますので、早めに、気軽にご相談下さい。

広島の肛門科で便秘の診療を受ける

広島の肛門科で便秘の診療を受ける

広島で肛門科の診療を行っている【大腸肛門病クリニック 石田外科】には、便秘でお悩みの方(男女問わず)も多くご来院頂いております。清潔感のある気持の良い空間で診療を受けて頂くために衛生管理に努め、医師を含めて全てのスタッフが患者さんにわかり易く丁寧な説明を心がけております。

「出来る限り痛みを軽減して機能を温存した治療」をモットーに、患者さんにご満足頂ける医療サービスの提供をお約束致しますので、便秘でお悩みの方も気兼ねせずに安心してお越し下さい。