広島市 肛門科 外科 胃腸科 痔 内視鏡 便秘

広島県広島市中区十日市町1-6-19

オンライン問診
レディースタイム
Contents

大腸肛門病の悩み掲示板
携帯サイト

HOME»  痔について

痔について

痔について

「痔」とは肛門の病気を総称したもので、日本人の3人に1人は患っていると言われる国民病であり、日頃から不適切な生活を繰り返していると生ずる生活習慣病の一つです。
痔には様々なものがありますが、半分以上が「痔核」(いぼ痔)で「痔瘻」と「裂 肛」(切れ痔)を加えると8割以上を占めます。

 

「痔核」とは、便秘をして排便時に息むことを繰り返していると、肛門部を閉める役 割の痔静脈などからなるクッション部分が大きく弛んでくるもので、次第に外へ脱出するようになります。
肛門の内側に出来る「内痔核」は痛みのない出血を伴い、外側に出来る「外痔核」は腫れると痛みます。
脱出が戻り難くなると「脱肛」と言われ、治すには手術が必要になります。

 

「痔瘻」とは、軟便傾向の男性に多く、下痢をして便の中の細菌が直腸と肛門の境目 にある窪みに入って感染し、肛門の壁に膿が溜まり痛みと腫れが次第に強くなる「肛門周囲膿瘍」として発症します。病院では切開排膿しますが、放って置いても、やがて外に破れて膿の管を作り「痔瘻」となります。痛みを伴うシコリが残ったり分泌物が止まらず、手術しないと治りません。

 

「裂肛」とは、便秘傾向の女性に多く、硬い便で肛門を傷つけて生ずるもので、排便 時の痛みと出血があります。また勢いよく出る下痢でも切れます。
便秘を繰り返していると慢性化し易く、肛門ポリープ見張り疣を伴い、肛門が狭くなって痛みが辛くなれば、肛門を拡げる手術が必要になります。

 

以上からお分かりのように、これら肛門の三大疾患は何れも便秘下痢などで肛門に負担を掛ける習慣を繰り返していると引き起こされる病気です。
病気の原因を自覚して、よりよい生活習慣を身につけることで、予防することも出来ますので、一人で悩まず、早く専門医を受診して、正しい診断を付けてもらうことが大切です。

 

肛門疾患にならないために

「便秘がちな人へ」

野菜を初めとして、果物、芋類、海草、茸、豆、精製してない穀類などで食物線維を多く摂ると、便の嵩が増します。便の硬さは水分量に依りますので、出来るだけ多く水分を摂りましょう。ただ、食間の場合薄い水分だとすぐに吸収されて血液を薄め小水が増えるだけですから、スポーツ飲料ないしはそれより濃いめの水分を摂って下さい。
身体を動かすことで内蔵の働きが刺激されるため、出来るだけ多く歩き回ること。
規則正しい食生活を守り、早寝早起きして朝食後のトイレタイムを必ず確保して下さい。
朝の排便反射が一番強いですから、その切っ掛けになる朝食は必ず摂りましょう。便意を我慢しないで直ぐにトイレへ行き、息んで出すことのないように。トイレは5分以内の短時間で済まし、何度行っても構いませんから、一度に出し切ろうとして長時間頑張らないこと。

「下痢がちの人へ」

油っぽいものを控え、消化吸収の良いものを摂り、暴飲暴食をしないこと。刺激物や生ものも冷たいものは避け、善玉菌を増やすヨーグルトなどの乳酸菌食品を摂る。ストレスの溜まる人は、心身を鍛えてストレスを解消すること。お腹を冷やさないこと。
排便後は肛門を良く洗い、紙で擦らず水気を押し拭くように気をつける。

 

最も多い「痔核」に対する病院での主な治療法

【外来処置】

注射療法(パオスクレー®)

薬を使ってもポタポタと出血が止まらない場合、内痔核の根部に硬化剤を注入して痔核組織を硬め出血を止める方法。痛みもなく即効性があるも、効果は半年から一年。

ゴム輪結紮療法

脱出する痔核が柔らかく程良い大きさの場合、結紮器で痔核の根本にゴムを掛け1~2週で壊死脱落させる方法。麻酔もいらず、お年寄りに多い粘膜脱に適する。

【外来手術】

血栓性外痔核手術(外来)

肛門に無理な息む力を加えたときに、肛門の外に急に腫れ上がって痛む血の固まりを作ることがしばしばあります。大きく腫れて痛みが耐え難いときには、局所麻酔下に血栓を取り除く手術をします。

痔核切除手術(外来)

忙しくて入院出来ない場合、一ヶ所に限っては、外来で入院と同じ手術をします。
ただし、1時間以内で来られ、自宅で看てくれる人がいる場合に限ります。術後2~3日はやはり自宅安静が必要です。

【短期入院手術】(3~4日)

注射療法(ALTA)

忙しくて長期間の入院が出来ない方には、2006年に開発された痔核の硬化萎縮剤(ジオン注®)を使って、内痔核を切り取らず縮小させます。外痔核を伴う場合は、外側だけ切除します。切り取らない分だけ侵襲が軽く、出血も少なく、早く退院出来ます。長期の治療効果がまだ確認されておらず、稀に直腸潰瘍を作ることがあります。
>>ALTA療法について詳しくはこちら

PPH

全周に亘って痔核の脱出があり、外痔核を伴わない場合、痔核上方の粘膜を器械を使って一度に全周を切除縫合してしまい、痔核組織を吊り上げる方法。肛門の皮膚側に傷がないため痛みが少なく、早く退院出来ます。日本人には外痔核を伴った人が多いため、適応は限られます。

【入院手術】(7~10日)

痔核根治手術

大抵3ヶ所に亘って、痔核の「結紮切除手術」を行います。手術法も確立されており、効果も確実です。手術創は術後10日目前後に一番出血しやすくなりますので、そこまで安静にしておくのが安全です。術後の痛み出血はあり、約1ヶ月で傷は治り ます。

 

痔核の治療法の選択

麻酔も局所麻酔、仙骨部硬膜外麻酔、腰椎麻酔などを使い分け、前記のような治療法を症状に応じて使い分けることで、外来から日帰り手術まで患者さんの事情に応じた治し方が出来ます。

入院に関しても、手術療法の根治性と、ALTA療法の低侵襲性という特長を生かし、両者を併用することで、患者さんの事情に応じて、3日~10日間に渡るオーダーメイドの入院療法を行うことが出来ます。

 

痔と間違えやすい大腸癌

食生活の欧米化によって、近年大腸癌が増え続けており、女性では死因の一番となりました。ところが、肛門からの出血は誰しもよくあることで、痔からの出血と思われやすく、恥ずかしさから受診を控えていると、癌はどんどん進行してしまいます。

 

大腸癌は治りやすい

癌は消化管の表面の粘膜から起こるものですから、大腸癌を極めて早期に見つければ、「大腸内視鏡」を使って切除することで、治癒させることが出来るのです。
例え進んだ癌であっても、大腸癌は他の消化器癌に比べ大人しく、治る可能性が高いのです。
お腹を大きく開けずに済む「腹腔鏡手術」の技術も進んできており、場合によっては可能ですから、出来るだけ早く発見するに越したことはないのです。

 

早期発見のために

癌も初めは症状がありません。そこで便の中に目に見えないような僅かの出血があっても分かる「便潜血反応検査」を定期的に受け、チェックされることをお勧めします。
それが陽性に出た方は勿論、40歳を過ぎたら積極的に大腸の内視鏡検査を受けて下さい。
特に「痔」のある人は、痔の影に癌の有ることに気づかず、「大腸癌」の症状を見落としてしまう可能性のあることを銘記すべきです。